最新情報

トップページ最新情報一覧 > 最新情報詳細

グリーフ研究の第一人者である、橋爪謙一郎先生をお招きし、グリーフ(悲嘆)の特別セミナーを行います。2017年5月13日(土)10:00~18:00

グリーフ研究の第一人者である 橋爪謙一郎先生をお招きして、グリーフ(悲嘆)の特別セミナーを行います。

 

【グリーフセミナー】

 

●日時: 2017年5月13日(土)10:00-18:00

 

●会場: NATULUCK茅場町新館 2階大会議室

東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル 2F 地図

  •   東京メトロ東西線 茅場町駅から徒歩1分
  •   都営浅草線 日本橋駅から徒歩3分
  •   東京メトロ日比谷線 茅場町駅から徒歩3分
  •   JR中央線(快速) 東京駅から徒歩10分


●主催: 社団法人ホールライフクリエーション

 

●講師: 株式会社ジーエスアイ 代表 橋爪謙一郎先生

 

 

内容:≪このような内容を予定しています≫
    ・グリーフとは何か?
    ・グリーフとモーニングの違い
    ・グリーフ研究のこれまでの歴史

    ・グリーフと折り合いをつけることとは 

     ・グリーフに伴った感情の局面を理解する

     ・グリーフにおける支援

     ・支える人のセルフケアの重要性

 

 

●料金: 15,000円(税込)

     ご入金後のキャンセルは受け付けません。譲渡は可能です。

 

●申込方法:一般社団法人ホールライフクリエーション事務局まで メールでお申し込みください。    

      info@wholelifecreation.com <グリーフサポートセミナー参加申込>

 

     (お名前・携帯電話番号・E-mailアドレス・参加目的)を明記の上お申し込みください。

 ※下の申し込みフォームからは受け付けておりませんのでご注意ください!!

 

●参加費のご入金:お申し込みから1週間以内に受講料をお振り込みください。
ご入金の確認が取れた方から受講確定となり、メールにてご連絡差し上げます。

 

三菱東京UFJ銀行
青葉台支店
普通0004669
株式会社ヒプノウーマン

*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

●対象: セラピスト、医療従事者、身近な方のグリーフに寄りそっていらっしゃる方、

    自身がグリーフであると感じていらっしゃる方。資格の有無は問いません。

   ※こんなニーズをお持ちの方に特にお勧めします。
   ・死別を体験した時の「グリーフ」を正しく理解したい方
   ・大きな悲しみを抱えている方に対して、どのように寄り添ったらいいのかと悩んでいる方。
   ・グリーフセラピーに力を入れていきたい方。
   ・より洞察力と受容力を高めたカウンセリングを行いたい方。
   ・あまりにもクライアントの悲しみに近づきすぎてしまって自分を見失い、感情コントロールに苦慮している方。

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=

【セミナー特典】


本セミナーにご参加された方で、さらに深くグリーフを学んでみたい場合は、(株)ジーエスアイのグリーフサポートセミナーベーシックコースを割引価格で受講いただけます。修了後は、修了証が発行され、アドバンスコースへの受講資格も得られます。

グリーフサポートセミナー
<ベーシックコース>
全6回 
108,000円→ 割引価格:97,200円(税込)
ベーシックコースの内容は、こちらをご覧ください。
http://www.griefsupport.co.jp/griefsupport/seminar.html

 

*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

●講師プロフィール
橋爪謙一郎(はしづめけんいちろう)

1967年、北海道千歳市生まれ。成城大学法学部卒業。ぴあ株式会社に就職後、1994年に渡米。ピッツバーグ葬儀科学大学にて葬祭科学を専攻し、フューネラルディレクター全米国家試験に合格。その後、ジョン F .ケネディ大学大学院でホリスティック心理学を専攻し、1998年ホリスティックヘルス教育学修士課程を修了。さらに、米国グリーフケアの第一人者であるアラン・D・ウォルフェルト博士(Alan D. Wolfelt, Ph.D)の主催するCenter For Lossにて、グリーフケアを学ぶ。
米国の葬儀社にて実務を体験しながら、葬儀後の遺族向けサポートグループを担当するなど、カウンセリングを始めとする遺族支援の基礎を習得し、同時にカリフォルニア州エンバーマー(遺体衛生処置技術者)ライセンスを取得して2001年に帰国。2004年有限会社ジーエスアイ(現、株式会社)を設立。現在は代表取締役として、仕事を通して遺族支援を行うための人材教育、並びに葬祭サービス関連企業への社員教育やコンサルティング、講演会を行い、グリーフサポートの普及に力を注いでいる。
著書に「エンバーマー」(祥伝社)、『お父さん、「葬式はいらない」って言わないで』(小学館新書)。日本トランスパーソナル学会 常任理事。



*=*=*=*=*=*=*=*=*=


大きな悲しみに暮れる人々が、内にしまい込んだ思いや感情などを自分の外に出せるように、周囲の人々が温かく支え、受け止めて共感していくことが「グリーフケア」です。

グリーフを抱えている方が、安心して自分の気持ちや感情などを表現でき、心を開いて話を聞いてもらうことができる人や場が、今、求められています。

昨今「グリーフケア」という言葉がだんだんと認知されてきましたが、日本では専門的な文献や一般書もまだまだ少なく、サポートサービスも十分でないため、必要としている人に必要な支援が届いていない状況であると言えます。

ヒプノセラピーをはじめとする心理療法は、グリーフを抱える方々をサポートしていく大きな可能性を秘めていますので、グリーフに対する理解を深め、クライアントに寄りそっていく自信をつけていただく機会としてぜひ多くの方に学んでいただければと思います。

今回は、橋爪先生にお願いし、セラピスト向けに特化したカリキュラムを組んでいただきました。
実践ですぐに役立てていただける内容を盛り込んだスペシャルセミナーとなっております。滅多にない機会ですので、ぜひご参加くださいませ。

*=*=*=*=*=*=*=*=*=

 

 

ページのトップヘ

Copyright 2009 Hypno Woman All Rights Reserved.