セラピスト紹介

スケジュールを確認する

宮崎ますみ(みやざき ますみ)

1968年名古屋生まれ。
小学2年生の頃に宝塚歌劇を鑑賞し、「あ、私女優になる」と直感する。14歳の時、父親を突然クモ膜下出血で亡くした際も、その1年ほど前に既に父の死を予知していたことから、“人生にはある程度の青写真があるのかもしれない”と感じるようになった。その後も目の前に用意される人生の岐路を、内なる声のおもむくままに選択し、15歳で芸能界・映画デビュー。舞台、映画、ドラマ、ラジオ、CD等で幅広く活躍。

21歳の時にシャーリー・マクレーンの著書『アウト・オン・ア・リム』をきっかけに精神世界に引き込まれていく。24歳で初めてヒプノセラピー(前世療法)を米国で体験し、封印されていた記憶がどんどんと蘇るにつれ、魂が歓喜する生き方を追い求め、1995年結婚を機に渡米。“これからの時代を担う子供たちのためにこの命を使いたい”という思いを抱き、ロサンゼルスとハワイの青空の下、息子二人を育てながらインドヨーガに傾倒し、自己探求を続ける。

2005年大いなる意図に従い映画活動を再開するも乳がん発覚。個我のカルマを清算し魂の仕事に専念する。ホリスティック医療で病を克服し、離婚と同時にヒプノセラピーを本格的に学ぶ。人の深奥には自らを健全な状態(心と体と魂が調和された本来の姿)へと戻していく大いなる治癒力が備わっており、ヒプノセラピーはその無限の英知へとアクセスし、天与された役割を自覚しながら、人生をより豊かに創造的に生きていく確かな道筋になると確信する。2007年厚生労働省、舛添要一厚生労働大臣より「健康大使」を任命される。

Vision

人はあるがままの存在で完璧。どんな個性を与えられ生まれてきたとしても、多種多様な個性があるがまま許され、認められ、愛され、尊重されながら生きられる社会。優劣を争うことなく、助け、又助けられながら、それぞれが役割を精一杯生き、互いに救われる社会。

皆、魂の進化成長の為に必要なものはすべて持って生れてきます。一見不都合に見えるものも含めすべて。自分でないものになる必要はありません。個性に蓋をしてコントロールされることなく、己を知り、内在する魂の種子を健全に育んでいける土台作りに私は貢献していきたい。

  • ヒプノウーマン代表
  • 日本ヒプノ赤ちゃん協会(Japan Hypnoakachan Institute)代表・マスターインストラクター
  • 米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定インストラクター
  • 米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定インストラクター
  • 国際催眠連盟(International Hypnosis Federation)認定インストラクター
  • 日本ホリスティックアカデミー認定プロコースインストラクター
  • 米国ヒプノファーティリティ財団(The HypnoFertility Foundation)認定プラクティショナー
  • ソマティックヒーリング(体細胞療法)上級コース修了
  • 日本ホリスティック医学協会 専門会員
  • ナード・アロマテラピー協会アロマアドバイザー

宮崎ますみ スケジュール

お申し込みはこちら

スケジュールを確認する

松村洋子(まつむら ようこ)

1961年に生まれる。
6歳の時から、感じていたこと、「心と身体は別物・・・。自分は何のために生まれてきたのだろう?」その答えはなかなかわかりませんでした。思えば、その頃から「私の魂への探求の旅」が始まっていたのかもしれません。

14歳の時、真夜中自宅のベランダで、目の前に葉巻型の大きなUFOを目撃する。
不思議体験は、その後も形を変え現れ、22歳の時、旅行中のメキシコでピラミッドの頂上に登った時、そこで儀式をしている巫女の自分の映像を見る。
その後の人生でも時々旅先で不思議な前世の映像を見る経験をする。

大学卒業後、OLをしながら、西語関係の仕事も続ける。その後、留学、IT企業に就職後、26歳で結婚し、JICAの西語コーディネーターなどをする。

初めて「前世」という言葉を意識したのは、1992年に世界的な権威でもある精神科医のブライアン・ワイス博士の「前世療法」という本を読んだ時で、そこには、今まで不思議に思っていた事の答えが全て書かれていて、点と点が線になって結びついていった。

1992年に長女出産後から、2度の海外駐在生活を経験し、その間には、交通事故、次女の出産やいくつかの大病を経て、2012年夏に本帰国をする。そこで、以前から学びたかった「ヒプノセラピー」を宮崎ますみ先生のもとで本格的に勉強し、ヒプノセラピストとなる。

2006年、2度目の駐在の前に、乳がんになり、その時「自分はなぜガンになったのか?」「心と体のバランスが崩れた原因は何だったのか?」と思い始め、翌6月に宮崎ますみ先生のヒプノセラピーの個人セッションを受ける。病気には理由があり、病気を作るのもそれを癒すのも自分なのだと、いうことを知る。人はもともと自然治癒力を持っているが、様々な要因、たとえば、日頃のストレスや想像もしない予期せぬ大きな出来事に遭遇した時、もしくは、過去からの思い込みなどによって、心と身体と魂のバランスが崩れ、病気になってしまう。そのことを身をもって経験し、その重要性に気がつく。

自分のこれまでの様々な経験を活かしながら、クライアント様に寄り添っていきたい、まず自分を大切に思い、愛しながら、周りの人を愛し、そして本当の自分を見つけるお手伝い、そして何よりもその人の中にある自己治癒力をヒプノセラピーの力を借りて、取り戻すお手伝いをさせて頂きたいと思っています。これからの人生をより自分らしく豊かに歩んで行かれるように・・・少しでもお力になれたら嬉しく思います。

  • 米国催眠士協会(National Guild Hypnotists)認定ヒプノセラピスト
  • 米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定ヒプノセラピスト
  • 国際催眠連盟(International Hypnosis Federation)認定セラピスト
  • 日本ヒプノセラピーアカデミーイシス認定ヒプノセラピスト
  • 日本ホリスティックアカデミー(前世療法プロフェッショナルコース / 年齢退行プロフェッショナルコース修了)
  • 日本ヒプノ赤ちゃん協会(Japan Hypno Akachan Institute)認定セラピスト
    (未妊セラピープラクティショナー / ヒプノ赤ちゃんプラクティショナー)
  • 米国アルケミー催眠協会(Alchemy Institute of Hypnosis)
    ソマティックヒーリング(体細胞療法)初級コース修了
  • 前世療法の世界的権威である精神科医のブライアン・ワイス博士より、
    前世療法プロフェッショナルトレーニング修了(米国NYのOMEGAにて直接指導受講)
  • 曼荼羅オラクルカード リーディング プロフェッショナルコース修了
    (米国のサイキックCraig Junjulas氏より直接指導受講)
  • 直傅霊氣研究会認定、直傅霊氣療法士

松村洋子 スケジュール

お申し込みはこちら

あなざわゆき

スケジュールを確認する

あなざわゆき

自立した女性になりたいと夢見て、女性の活躍が目立つ某大手企業に新卒入社し、新規商品開発や販売促進の仕事に邁進する。

29歳で結婚した後も、仕事と家庭の両立を目指し、自分なりに精一杯努力する日々を送っていた。
業務にはやりがいを感じ、職場も報酬も申し分なく、恵まれている環境に身を置いているにも関わらず、「私の居場所が他にある」という想いが心の深いところから湧き上がってくる。
その自己不一致感から、心理学を学びはじめ、産業カウンセラーの資格取得の際に、カール・ロジャーズの来談者中心療法に出逢った私は、
「人間は自ら成長し、自己実現しようとする力を持っている」という考え方に深く共感を抱く。

そんな頃、思いがけずに赤ちゃんを授かり、眠っていた母性の感覚が一気に開き始める。
生まれてきた息子には病気があり、段階的に手術や入院をしなければいけなかったが、そのひとつひとつを逞しく乗り越え、すくすくと成長していく息子と共に歩むうちに、人生観が豊かに変化していく。
命の尊さや生かされていることへの深い感謝が湧き上がり、病と向き合う過酷な日常生活にも関わらず、内面は愛と光に満ち溢れて、心から子育てを楽しんでいた。

一時は元気に保育園に通っていた息子が6歳で他界した時、この別れの意味を魂のレベルから紐解きたいと強く感じ、宮崎ますみ先生のもとでグリーフセラピー(悲嘆療法)を受けた。
そのセッションで魂の永遠性を感じ、息子と今なお強く繋がっている安心感を抱くことができ、それは悲嘆で苦しんでいた私に励ましと癒しを与えてくれた。
その後、ヒプノセラピーの学びを進めるうちに、この療法は、心と魂と身体の調和を得るための素晴らしい方法のひとつだということを実感。
内なる自己と向き合っているうちに、自分でも驚くほどに元気を取り戻し、新たに前を向いて生きる力を獲得していくことが出来た。
その経験から、ヒプノセラピストとして生きていくことを決意。
現在は、特に、母と子が幸せに歩むお手伝いに力を入れており、催眠を用いた自然出産法「ヒプノ赤ちゃん(ヒプノバース)」や赤ちゃんを授かりたい方のための「未妊セラピー」、流産・堕胎・子どもとの死別に苦しむ方への「悲嘆療法」の臨床経験を多く持つ。

Message

人生には、いのちの瞬きに触れる時が必ず訪れます。
妊娠・出産・子育て・病・介護・死別……

その渦中にいる時、人は強い情動を覚え、さまざまな感情が否応なしに沸き起こってくるかもしれません。
もしくは感じたいのに何も感じない……無感情で、自分がからっぽになったように感じる場合もあるかもしれません。
自分ひとりでは受け止めきれない大きなストレスを伴って体調に不安が出たり、なかなか気持ちの整理がつかない時間が続き、鬱々としてしまう場合もあるでしょう。
そんなとき、どんな感情も安心して吐き出し、内観することができる場所があったら、抱えている荷物も少し軽く思えるかもしれません。
起きている出来事の真の意味に気付きたい。
前を向いて進んでいくために、何をしていけばいいのかを知りたい。
そんな気持ちになられた方に、心をこめて寄り添わせていただきます。

  • 米国催眠士協会(National Guild of Hypnotists)認定ヒプノセラピスト
  • 米国催眠療法協会(American Board of Hypnotherapy)認定ヒプノセラピスト
  • 日本ヒプノセラピーアカデミーイシス認定ヒプノセラピスト
  • 日本ホリスティックアカデミー(前世療法プロフェッショナルコース / 年齢退行プロフェッショナルコース修了)
  • 日本ヒプノ赤ちゃん協会認定 ヒプノ赤ちゃんプラクティショナー
  • 日本ヒプノ赤ちゃん協会認定 「未妊セラピー」プラクティショナー
  • 米国アルケミー催眠協会(Alchemy Institute of Hypnosis)ソマティックヒーリング(体細胞療法)初級コース修了
  • (株)ジーエスアイ認定グリーフサポートバディ(認定番号 GSB046)

あなざわゆき スケジュール

お申し込みはこちら

ページのトップヘ

Copyright 2009 Hypno Woman All Rights Reserved.